スパイカメラ監視法:職場の隠しカメラは合法ですか?

2022年までに、ビデオ監視市場は630億ドルに成長すると予想されています。2015年には190億ドルでした。店舗でカメラを使用することを選択する企業が増えています。彼らは、製品、従業員、顧客が安全な場所を望んでいます。

人気が高まっているビデオ監視の一部は、職場での隠しカメラの使用です。隠しカメラを使用することが合法かどうか疑問に思うかもしれません。

特定のルールに従えば、絶対に合法です。このガイドでは、スパイ カメラ の許容される使用方法について説明します。

職場での隠しカメラの正当なニーズ

隠しカメラを設置する場合、合理的な理由が必要です。ほとんどの企業では、店舗や従業員のセキュリティを強化するために隠しカメラを設置しています。泥棒、破壊工作、またはあなたの所有地で発生する可能性のある暴力に注意するために使用されるのを見ることができます。

スパイ カメラ

さらに、企業は従業員のパフォーマンスを評価するために隠しカメラを使用する場合があります。

これらの状況はすべて、公共の場所に分類されます。これには、顧客と従業員が店舗の内外でやり取りする場所が含まれます。たとえば、商品のある店舗の前やレジで。

従業員を記録するその他の理由により、合法的に記録できるかどうかを確認する必要があります。これは、よりプライベートな場所で特に当てはまります。

あなたの州の労働省の機関を確認してください。隠しカメラを設置する正当な理由について彼らが考えていることを見ることができます。

収集した映像を他の目的に使用することはできません。あなたがそれらを設置した確立された理由の範囲内でのみ合法です。

州法

すべての州で従業員に隠しカメラを知らせる必要はありません。それでも、従業員に通知することを強くお勧めします。よりプライベートな場所にカメラを配置する場合、これは州によってはルールになる場合があります。

一部の州では、従業員に書面による通知を送信しています。

カリフォルニアはさらに一歩前進します。従業員は通知の受領書に署名する必要があります。これは、彼らがカメラがある理由を理解し、それらを明示的に認識していることを示しています。

書面による同意も必要な州がいくつかあります。書面による同意なしに、従業員を記録することはできません。彼らが同意書に署名することを選択した場合、彼らはカメラがそこにあることを受け入れています。

通知の受領は、同意フォームとは異なります。通知の受信は確認のみです。同意書は実際の同意書です。

同意書および/または通知の受領書に署名することにより、企業に一定の保護を提供します。彼らは証拠を文書化しました。同意フォームを使用すると、通知を受け取った場合の保護が強化されます。

州がどのようなプロセスを必要としても、カメラをインストールする前にすべてを実行する必要があります。そうでなければ、法的問題にぶつかります。

プライバシー侵害

プライバシーの侵害は、顧客や従業員が知らないうちに記録した場合に適用されます。

スパイ カメラ

会社に関しては、製品、サービス、顧客、およびスタッフの安全を確保する必要があります。これらが隠しカメラを設置する最大の理由です。ただし、これらのカメラの設置場所には注意する必要があります。

床にカメラを置くのは理にかなっています。それでも、従業員がある程度のプライバシーを期待している領域にそれらを配置することは、必ずしも大丈夫ではありません。

たとえば、従業員のトイレやロッカールームにカメラを隠すことは違法です。従業員の休憩室は、あなたが住んでいる州に応じて(そして正当な理由がある場合)このリストに載ることができます。

病院で働く場合、顧客の情報が安全であることを確認したいです。これは、個人情報が公開されている場所であればどこでも適用されます。

プライベートなデータを記録している場合、機密性の対策が必要です。これには、社会保障番号、医療情報、法的文書などが含まれます。

全国労働関係法(NLRA)

NLRAは、組合員を雇用主から保護します。会社は、保護されたまたは平和的な組合活動を記録できません。これには、組合の会議や会話、組合の組織、行進、抗議などが含まれます。

組合活動の監視に巻き込まれた場合、すぐに停止せざるを得ません。違反の重大度に応じて、さらにアクションが発生する場合があります。

電子通信プライバシー法(ECPA)

ECPAは、米国市民を盗聴や電子監視から保護します。お持ちのビジネスの種類によっては、この法律が影響を与える可能性があります。この法律は、この法律が職場全般にどのように適用されるかについてあまり明確ではありません。

扱う情報が非公開であるほど、この行為に遭遇する可能性が高くなります。

1つ確かなことは、個人情報を記録する場合は承認を得る必要があるということです。

オーディオ監視

オーディオコンポーネントも備えた隠しカメラを使用している場合、法律はさらに厳しくなります。州の要件を確認して、会社で許可されていることと許可されていないことを確認します。

多くの場所で、監視している人の同意がない場合は制限されます。音声監視を使用する正当な理由が必要です。

安全でスマートな作業

職場にカメラを隠しておけば、より安全な環境を提供できます。

同時に、法的問題に遭遇したくありません。会社に隠しカメラを設置する前に、必ず調査を行ってください。

bathroom hidden camera の詳細とそのメリットについては、この投稿をご覧ください。